CISSP CBK Training
CISSP CBKトレーニング

cissp-img01
グローバルスタンダードな
セキュリティプロフェッショナル認定資格
セキュリティ プロフェッショナル認定資格制度(CISSP)は、国際的に認定されている資格であり、この資格の保有者がセキュリティ共通知識分野(CBK)の8分野について、深い知識を有していることを証明するものです。
戦略的かつ公平な判断のできるベンダーフリーの認定資格CISSPにより、セキュリティ専門家としてのスキルの裏付けを提供します。

CISSPとは

特長
  • 国際的に最も権威あるセキュリティプロフェッショナル認証資格。
  • 最も広範囲な知識レベルを必要とする資格で、セキュリティ業務従事者から管理職者が対象。
  • (ISC)² (国際情報システムセキュリティ認証コンソーシアム)NPOが実施。
  • 全世界で147,000名以上(2021年1月現在)が取得。
  • 2004年6月にISO/IEC17024を認証取得。
組織の信頼度・向上
2021年1月現在、全世界で147,000名を超えるCISSP資格保持者が各国政府機関、グローバル企業で活躍しています。また日本でのCISSP資格保有者も2,900名を超え、認知度と共に保有者数も増加致しております。 CIO、CISOを始めとする管理職、技術職、コンサルタント、営業の中枢でIT業務に取り組んでいる方々が、数多く取得しています。

体系的にセキュリティを考えリスク管理を正しく判断できるCISSPが自組織内にいることは、社内資産の保護はもちろん、外部に対する信頼度向上につながります。セキュリティ先進国アメリカでも、国家安全保障局がセキュリティ従事者への推奨資格としているなど、高い評価を得ているCISSPを雇用する組織メリットは明白です。

こんな方におススメ

  • セキュリティリスクを意識するリーダー
  • コンサルティングなどセキュリティ業務に従事される方
  • CIO・CISO・マネージャクラスで、企業内のセキュリティについて判断する方
  • ご自身の高度な専門知識と豊富な経験を実証する場として活用したい方
  • セキュリティ専門家としての信頼性を高めるために活用したい方
(ISC)²について
(ISC)²(International Information System Security Certification Consortium:国際情報システムセキュリティ認証コンソーシアム)は、米国のNPO(非営利団体)です。
CISSP(Certified Information Systems Security Professional)は(ISC)²が認定している資格です。 詳細はこちらをご参照ください。

CISSP Ultimate(アルティメット)ガイド(日本語版)

CISSPに関する情報を網羅したガイドが、以下URLよりダウンロード可能です。
(※リンクをクリックすると、(ISC)2のサイトに遷移します)

https://www.isc2.org/certifications/ultimate-guides/CISSP/jp

試験について

試験出題範囲
(CBK/Common Body of Knowledge)
  1. Security and Risk Management (Security, Risk, Compliance, Law,Regulations, Business Continuity)
    セキュリティとリスクマネジメント(セキュリティ、リスク、コンプライアンス、法、規制、事業継続)
  2. Security Operations (Foundational Concepts, Investigations, Incident Management, Disaster Recovery)
    セキュリティの運用(概念、調査、インシデント管理、ディザスタリカバリ)
  3. Identity and Access Management (Controlling Access and Managing Identity)
    アイデンティティとアクセスの管理(アクセス制御とID管理)
  4. Asset Security (Protecting Security of Assets)
    資産のセキュリティ(資産の保護)
  5. Security Architecture and Engineering (Security Architecture and Management of Security)
    セキュリティアーキテクチャとエンジニアリング(セキュリティアーキテクチャと構築)
  6. Communications and Network Security (Designing and Protecting Network Security)
    通信とネットワークセキュリティ(ネットワークセキュリティの設計と保護)
  7. Software Development Security (Understanding, Applying, and Enforcing Software Security)
    ソフトウェア開発セキュリティ(ソフトウェアセキュリティの理解、適用と執行)
  8. Security Assessment and Testing (Designing, Performing, and Analyzing Security Testing)
    セキュリティの評価とテスト(セキュリティテストの設計、実行、分析)

問題数 : 250問/4択(日本語・英語併記)
総時間 : 6時間

CBK/Common Body of Knowledgeとは
(ISC)²が提唱する情報セキュリティの共通言語。
全世界にいるセキュリティ専門家の知識の尺度として情報セキュリティに関する知識を分野別にまとめています。

各ドメインの詳細については(ISC)²サイトをご覧ください。

受験方法

受験形式  : Computer Based Testing(CBT)形式
試験運営元 : ピアソンVUE

試験申込における注意点 :

  • バウチャー(受験用チケット)による受験になります。
  • バウチャー発行後の交換、返金、払い戻し等は一切出来かねますので予めご了承下さい。
  • バウチャー発行後の日程変更はピアソンVUEにて直接受付となります。変更手数料は50ドルです。(2021年1月現在)
  • バウチャーの転売は禁止されております。
  • バウチャーには有効期限がありますので有効期限内に受験下さい。有効期限は納品時にお知らせしますが最大1年間です。
  • 使用、未使用の調査および追跡はいたしかねますので、納品後は管理の徹底をお願い致します。
  • 有効期限を過ぎた未使用バウチャーの交換、ご返金、期限延長は一切出来かねます。

CISSP CBKトレーニングについて

(ISC)²では、CISSP取得を支援する為に、CBK8ドメインの全てをレビューする場として
「(ISC)²公式 CISSP CBKトレーニング」を開催しています。
5日間で構成されたトレーニングは、各ドメインに関わる技術や概念、ベストプラクティスの定義を詳細に解説し、
またドメイン間の関連性などについても理解を深める内容です。
CISSPは8ドメインで構成されていますが、トレーニングは、10個のチャプターで行われます。

コース内容
1日目
  • 情報セキュリティ環境 
  • 情報資産のセキュリティ
2日目
  • アイデンティティとアクセスの管理
  • セキュリティアーキテクチャとエンジニアリング
3日目
  • 通信とネットワークセキュリティ
  • ソフトウェア開発セキュリティ
4日目
  • セキュリティの評価とテスト
  • セキュリティの運用
5日目
  • 全チャプターのまとめ
  • CISSP資格に関する情報
  • Applied Scenario(応用シナリオ)の解説
  • まとめ・確認問題及び全体に関する質疑応答

各チャプターの終わりに、『応用シナリオ』を説明します

(ISC)2 Official Trainingの優位性
  • 日本国内では唯一の(ISC)² 公式トレーニング
  • セミナーコンテンツがCISSP資格の根幹となるCBK(Common Body of Knowledge)に忠実に作成されており、CBKが年2回アップデートされる毎にトレーニングコンテンツにもそれを反映するべく対応している
  • 講師陣が全員CISSP保有者で、(ISC)² の講師認定プログラムを経た(ISC)²公認講師である
  • 毎年講師陣に対し継続教育プログラムを提供し、質の維持・向上を図っている
  • 講師陣が(ISC)²公認で全員日本人である。これによって講義の中で使用する事例として日本市場での実例を提供できる。しかも、これらの講師はCISSPの専任講師ではなく、市場での実ビジネスにも携わっており、提供される事例が講師の業務における実体験を元にしたものになっているため、鮮度が高く、受講者の実業務にも役立つ。また日本語を話せる講師のため、受講者とのコミュニケーションがより円滑に図れる
  • CISSP試験の過去問などを用いた演習を行っており、自己評価としても有効

トレーニング受講のメリット

01

理解度の把握

5日間のポイントを絞った講義により、自身の理解度及び幅広い出題範囲から重点的に学習が必要なドメインやチャプターを把握することができます。

02

コンテンツ

トレーニングのコンテンツがCISSP資格の根幹となるCBKCommon Body of Knowledge)に沿って忠実に作成されているため、試験合格に必要なドメインを体系的に学べます。

03

日本語対応

日本語教材及び日本人講師による講義、トレーニング受講者専用のテキスト(冊子・ダウンロードデータ)配布により、安心して日本語でトレーニングをご受講いただけます。

04

講師陣

セキュリティ現場の第一線で活躍する講師陣による講義を通じて、CISSPに求められる判断力・考え方を習得することができます

配布物

  1. 日本語テキスト(冊子、電子版
  2. 英語テキスト(電子版)
  3. 日本語確認問題(冊子、電子版)
  4. 英語確認問題(電子版)
  5. 日本語CISSP公式問題集(電子版)【終了後のアンケート回答者に配布】
  • ※講義は日本語で行います。
  • ※トレーニングに参加し、終了後のアンケートにご回答した方全員に「日本語CISSP公式問題集(電子版)」をプレゼントします。

<オンライントレーニング(ライブ配信)> 開催予定日程

2021年

11月

開催日程 : 8(月)~12(金)
早割申込 : 2021年9月24日(金)〆切
通常申込 : 2021年10月18日(月)〆切

12月

開催日程 : 13(月)~17(金)
早割申込 : 2021年10月29日(金)〆切
通常申込 : 2021年11月22日(月)〆切

2022年

2月

開催日程 : 14(月)~18(金)
早割申込 : 2022年1月6日(木)〆切
通常申込 : 2022年1月24日(月)〆切

3月

開催日程 : 14(月)~18(金)
早割申込 : 2022年1月28日(金)〆切
通常申込 : 2022年2月21日(月)〆切

2021年度はオンライントレーニングを予定しています。オンサイトトレーニング(教室型)を実施するときは、別途ご案内いたします。

講師がインターネット回線を用いてオンラインで講義を配信する形態です(日本語)。通常教室での講義と同様に質疑応答も含まれます。
※ご自宅からでも受講可能です。関東近辺以外の方は、出張が不要です。

  • 受講に必要なアクセス環境 :Zoom
    公式サイトのダウンロードセンターより「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードし、インストールをお願いします。
  • トレーニングの内容はすべて録画され、180日間アクセス可能です。
  • 配布物:日本語テキスト(冊子※、電子版)、英語テキスト(電子版)、日本語確認問題(冊子※、電子版)、英語確認問題(電子版)、日本語CISSP公式問題集(電子版)【終了後のアンケート回答者に配布】
    トレーニング開催の約1週間前にテキスト(冊子)等を送付いたします。お申込み住所以外でテキスト(冊子)等の受取りを希望する場合は、お申込み画面の『テキストの送付先を別の住所に指定する』へご入力をお願いいたします。
  • オンライントレーニング(ライブ配信)の最少催行人数は、10名です。

講義時間

9:30~19:00 (開場・受付開始 9:15)
  • ※途中休憩、昼食時間含む
  • ※進行状況により終了時間は異なります

料金

※更新日 2021年7月1日時点

5日間
トレーニング
受講費用

  • 通常価格 500,000円(税込 550,000円)
  • 早期割引 450,000円(税込 495,000円):セミナー開始日より45日(暦日)前までに申込完了が条件
  • 団体割引 450,000円(税込 495,000円):同月のセミナーに同一組織より3名以上の申し込みが条件
  • 初めて受講される会社様向け特別価格 400,000円(税込 440,000円):適用対象となるかどうかはお問合せください
  • ※セミナー受講費用に試験費用は含まれておりません。
試験費用
  • 91,000円(税込 100,100円)
  • ※試験のみの受験は(ISC)²に直接お申し込みください。
     弊社またはトレーニング販売代理店では試験のみの申し込みは受け付けておりません。
  • 「早期割引」「団体割引」共に申し込み後の変更などで、条件に満たない場合は通常価格500,000円(税込 550,000円)が適用されます。
  • 早期割引・団体割引の重複による更なる割引はございません。
  • 「初めて受講される会社様向け特別価格」は、本トレーニングを過去に受講されていない会社様において適用します。お申込みの前にお問合せください。
  • 「初めて受講される会社様向け特別価格」は、早期割引・団体割引との重複による更なる割引はございません。
  • 日本国外に居住されている方は、お申込みされる前に、「会社名(英語)」「会社住所(英語)」を、メールでscdc@nri-secure.co.jpまでご連絡をお願いいたします。
  • お申し込みが多数に及ぶ場合、受講料の全額支払を受け取った順序を基準として先着順で登録を受け付けます。
  • 最少催行人数に満たない場合は、延期・中止になる場合がございます。延期・中止の場合は、トレーニング開始の7日前までにご連絡します。
  • お問い合わせなく振り込まれた場合は、振り込み手数料を差し引いて返金いたします。
  • 定期開催のほか、お客様のご要望に応じて個別開催も承ります。