お知らせ

2019年 1月 30日
リリース

Vex バージョン7.1.0.0リリース CI連携機能の強化/ Windows Server 2019に対応

Webアプリケーション脆弱性検査ツール「Vex」のバージョン7.1.0.0をリリースいたしました。

 

追加機能

CIツールと連携した継続的なVex検査(Vex-CLI※1)の強化

バージョン7.1.0.0より前のVexでは、CIツールと連携した継続的なVex検査を実施すると、プロジェクトデータ2Vexサーバのディスク容量を圧迫する可能性がありました。今回CIツールと連携するVex-CLIの一部機能を追加したことで、Vexサーバのディスク容量を圧迫せず、より効率的な継続検査が実現可能となります。

 

※1Vex-CLI

Vex をコマンドラインで操作するためのツール。CI(Continuous Integration) ツールが導入された開発環境にVex 検査を連携させる際にご活用いただけます。

 

※2 プロジェクトデータ

Vexで検査を開始する際に作成するもので、検査対象サイトのURL、画面キャプチャ、アクセスログ、検査ログ、各種設定情報、レポートデータ等が含まれた「検査に関連する情報」です。


② Windows Server 2019に対応

  • Windows Server 2019をサポート対象OSに追加いたしました。
  • バージョン7.1.0.0よりWindows Server 2008はサポート対象外となりますが、暫定対応としてWindows Server 2008 で動作可能な バージョン7.0.2.0をリリースいたします。

サポート対象OSの詳細はこちらをご覧下さい。

お知らせ一覧に戻る >